Alche、エンタメ特化型メタバース基盤「stellla」の提供を開始

0
133

メタバースやVR関連のコンテンツ・アプリを開発するAlche(アルシェ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:川 大揮)は、メタバース構築基盤「stellla(ステラ)」の提供を開始する。

多人数の同時参加、アバターのカスタマイズ、デジタルとリアルアセットの決済、グッズやチケット販売、動画配信、距離や方向に応じたサウンドシステム等をマルチプラットフォーム(iOS/Android/Windows/VRデバイス等)に展開するアプリケーションの制作基盤。stelllaを用いることで開発期間を短縮し、ミュージシャンやアーティスト、コンテンツ、IPが目指す世界観構築の可能性を広げる。

stelllaはコンテンツホルダーやパートナー企業と共同制作可能なカスタマイズ型プラットフォーム。キャラクターやコンテンツ、ブランドの世界観が広がるテーマパークや、アーティストが表現したい世界、ライブ会場などに、遠く離れた世界中の人々がともに参加できるメタバース空間を実現する。

Unreal Engineを採用しており、マルチプレイ、チャット・エモート機能、マルチステージ、自由な配信形態、立体(3D)音響、EC・物販機能、AWSを用いたスケーラブルなシステム、アナリティクス、アバターカスタマイズに対応。既存のプラットフォームでは難しかった、機能、表現、演出、対応デバイスなどをプロジェクトごとにカスタマイズでる。アプリアイコン、UI、サウンド、ワールド、アバターまでコンテンツの世界観に応じて、統一感を持たせることが可能。

同社はこれまで「V-FES ~FUSION ~ in バーチャル東京タワー」およびフワちゃん、青山テルマ氏、YuNi氏、富士葵氏の4名による「バーチャル東京タワー」でのライブイベント。NFTに表象されたデジタルアートに特化して、すべての時間帯が同居した幻想的な空を巡りながら、作品を展示・鑑賞するための体験型デジタルギャラリー「CryptoArtTown」などを手掛けている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here