Brave group、定期イベント「メタコミュ」第1回目ウェビナーを2月6日開催

0
11

メタバース事業を展開するBrave groupは、メタバースを語る定期イベント「メタコミュ」を発足し、第1回目のウェビナーを2023年2月6日(月)に開催する。

Brave groupは、バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC(ライオットミュージック)」や次世代Virtual eSportsプロジェクト「ぶいすぽっ!」等を運営するIP事業、自社のメタバースエンジンである「Brave Engine(ブレイブエンジン)」を活用したPlatform事業など、メタバース領域で様々な事業を展開している。

今後、メタバースが生活の中で一般的な集いの場となる未来を創っていくことを目指す上で、その創りたい未来について伝え、仲間を増やしていくために、この度メタバースを語る定期イベント「メタコミュ」を発足した。第1回目はClaN Entertainmentの大井基行社長、ambrの西村拓也CEOがゲストとして参加する。

ウェビナー詳細
■開催概要
日時:2023年2月6日(月)19:30〜21:00
実施形態:オンライン形式
参加料金:無料(事前登録制・下記リンクのフォームより申込可能)
・参加申し込みフォーム
https://forms.gle/JTaXiX5wT5eMN2rBA

■トークセッションテーマ
「メタバース関連企業3社の代表が語る、メタバースエンターテイメントのリアルと可能性」

■トークアジェンダ
・各社の事業内容紹介
・各社代表から見るメタバースエンターテイメントについて
ー各社から見る「メタバース」とは?
ー各社の取り組み事例と反響について
ーメタバース業界全体の現状と展望や課題
ーメタバースエンターテイメントの可能性について

登壇者プロフィール

  • 野口圭登
    株式会社Brave group代表取締役 執行役員
    (兼務)SuperYellow株式会社 代表取締役
    (兼務)株式会社MetaLab 代表取締役2011年の在学中に株式会社Vapesを創業。
    2016年に同社を株式会社ベネッセホールディングスへ事業譲渡、50社以上のスタートアップへのエンジェル投資、共同創業を経て、2020年に株式会社Brave group代表取締役に就任(現任)。
    メタバースプラットフォーム事業を展開する当社子会社の株式会社MetaLabや、「RIOT MUSIC」等を運営するSuperYellow株式会社の代表取締役も兼任。
  • 大井 基行
    株式会社ClaN Entertainment
    代表取締役社長慶應義塾大学卒。28歳。2017年に日本テレビ放送網株式会社に入社。2018年に社内ベンチャーとしてVTuber事業「V-Clan」を立ち上げ、責任者として事業運営を行う他、「プロジェクトV」など多数の番組やイベントのプロデューサーも務める。2022年4月に日本テレビの新会社としてClaN Entertainment社を設立し、代表取締役に就任。座右の銘は中居正広さんの言葉から、「成功は保証されていないが、成長は保証されている。」
  • 西村拓也
    株式会社ambr
    代表取締役CEO東京大学法学部卒。2018年、仮想世界をテーマに株式会社ambrを創業。『仮想世界ambr』『TOKYO GAME SHOW VR 2021 / 2022』『Magic The Gathering: Virtual Art Exhibition』等のプロデューサーを務める。2022年に10.2億円の資金調達を実施。現在は新しいVRプラットフォームを構想中。コーヒーとスニーカーが好き。