モバイルファクトリーと、メタバース企業のSynamonが業務提携

0
56

モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌 裕二)と、メタバース市場の普及・発展に取り組むSynamon(本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒)は、両社のWeb3.0事業拡大に向けた業務提携契約を締結した。

モバイルファクトリーが運営するNFTサービス構築支援プラットフォーム「ユニキス ガレージ」とSynamonが提供するメタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN」(シナモン)を融合させた企画提案や販売促進を行うことで、両社のWeb3.0事業の拡大を図る。

国内のNFT市場の発展において、NFTを保有した後の活用シーンの不足が課題の1つとなっている。今回の提携で、メタバース空間を構築・提供しており、NFT保有者限定のコミュニティ機能等を有する「SYNMN」と、NFTを生成し、各種サイトでの展示や販売ができる「ユニキス ガレージ」を連携することによって、NFTの生成から、展示プロモーションなどのさまざまな活用場面を一貫して提供しやすくなると考え、業務提携をする運びとなった。両社の専門性を融合し、国内のNFT市場およびメタバース市場の活性化を目指す。