アリババクラウド、JP GAMESとアバター作成サービスを共同発表

0
71

アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢であるアリババクラウドは、ゲーム開発スタジオのJP GAMESとメタバース空間に参入するグローバル顧客向けに、魅力的な仮想空間と印象的なアバターを簡単に作成できる一連の新サービスを共同発表した。9月にバンコクで開催された「アリババクラウドサミット2022(2022 Alibaba Cloud Summit)」で発表された。

サービスには2Dの風景写真から高画質な3D仮想空間を自動生成する機能や、自撮り写真を撮影するだけでユーザーのアバターを自動生成する機能が含まれる。自動生成されたアバターの外見や服装は、簡単にカスタマイズでき、ユニークで印象的なアバターにも変更できる。さらに、アバター同士のテキストチャットやボイスチャットなど、インタラクティブなコミュニケーション機能の開発や、アプリをダウンロードせずにChromeなどのブラウザで簡単にメタバースが楽しめるリモート・クラウド・レンダリング・サービスも提供される。

JP GAMESの田畑端代表は「新たなサービスはJP GAMESのメタバースフレームワークPegasus World Kitの機能の一つであるRIVテクノロジーをベースとしている。今回、拡張性に優れたアリババクラウドのグローバル・インフラストラクチャと、視覚、音声、自然言語処理における最先端のマルチモーダルAIアルゴリズムによって、RIVテクノロジーをよりパワーアップしたサービスとして提供できることになった。アリババクラウドの協力によってサービス化されたPegasus World KitとRIVテクノロジーが、多くの企業の皆さまに活用されることを期待している」と語る。

アリババクラウド・ジャパン・カントリーマネージャーのユニーク・ソン氏は「このサービスにより、世界中のお客様がメタバース関連のイノベーションを加速させることができると確信している。現在、小売、ホテル、観光、エンターテインメント、ゲームなど、さまざまな業界の企業が、活況を呈するメタバース市場の機運に乗じて革新と進化を模索している。3D仮想空間の構築からインテリジェントアバターの作成、メタバース・コミュニティの発展促進に至るまで、当社の革新的なクラウドとAI技術に支えられた本サービスが、企業の新たな成長機会に繋がることを願っている」と語る。