SUBETE、ZEPのメタバースプラットフォームと業務提携

0
66

SUBETEはZEPが開発したメタバースプラットフォームであるZEPの日本版サービス開始に向けてパートナーシップを提携した。

ZEPは、バーチャル空間でもオフラインの空間と類似した経験ができる仮想空間、メタバースを利用した新たなプラットフォーム。2Dと2.5Dを中心に多様な空間の構築が可能となり、最大同時接続人数5万人という利点を生かし、メタバース内でのライブイベントやエキスポ、オフ会などのさまざまな大規模イベントの開催が可能。ビデオ通話やチャット機能、アバターもバラエティに富んでおり、日常的なコミュニケーションからイベント時にも、より面白い空間経験を提供する。

世界中の多くの企業が、メタバース市場に参入をしている中、韓国では既にZEPを活用した人気芸能人のコンサートやファンイベントから有名ブランドのバーチャル店舗まで、メタバース上で行える様々なイベントを実施。SUBETEは今後、ZEPを利用した日本でのメタバースマーケティング拡大に向けて取り組んでいく。