ライブリッツ、メタバース支援プラットフォーム「MetaStation」の提供を開始

0
69

ライブリッツ(本社:東京都品川区、代表取締役 村澤 清彰)はメタバース空間の構築および運営を支援するプラットフォーム「MetaStation」の提供を開始した。フューチャー(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長 グループCEO 金丸恭文、東証一部:証券コード4722)が採用し、サステナビリティの取組みを紹介するメタバース空間が2022年9月20日から公開された。

ライブリッツはXR(クロスリアリティ)を活用したサービスの開発に積極的に取り組んでいる。日本テレビの番組「Going! Sports&News」(21年12月4日放送)にプロ野球投手の投球軌道をVRで再現するコンテンツを提供したほか、プロ野球球団・読売巨人軍の公式マスコット・ジャビットがARで出現するアプリケーション「こめかんAR」を制作(21年3月)した実績がある。

「MetaStation」ではバーチャル空間にオフィスやイベント会場、スタジアム、店舗などを自由に構築できる。空間内では3Dキャラクターによる案内や接客で来場者と双方向のコミュニケーションができるため、これまでWebサイトで提供していたコンテンツをよりわかりやすく表現可能。

今後は機能を拡張し、読売巨人軍、日本ハンドボールリーグ・ジークスター東京、ジャパンラグビートップリーグ・NTTドコモレッドハリケーンズ大阪、Jリーグ・清水エスパルスなど多数のスポーツチームが利用しているEC・ファンクラブシステム「Fast Biz」との連携を予定している。これにより、メタバース空間来場者のファンクラブへの誘導やファン向けイベントの開催、チームグッズやデジタルコンテンツの販売、ファン同士の交流など、場所にとらわれない多彩なファンサービスが可能になる。