Mixalive TOKYO、XRライブ設備を常設化

0
25

講談社事業開発部を中心に運営する「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」は自社運営ホールに国内でも数少ないXRライブ設備の常設化を行い、今後館内でXRライブ演目やイベントを展開するとともに、クリエイター集団やXR関連企業などと連携してXRライブの取り組みを行う。

9月23日に開催予定の上海「VAPOLLO THEATER(ヴァポロシアター)」と同時開催のバーチャルアイドルグループ「NHOT BOT」(ノットボット)ライブや、10月14日から開催のハイパー講談「講談のおそ松さん」を皮切りにXRライブ演目の開催を加速させるほか、XRだからこそ実現できる可能性を持ったコンテンツを継続的に発信する基地としていく。

最先端のXRライブコンテンツを提供する事業者は、仮設設備の設置なしで演目上演やイベントを手軽に開催できるようになります。「Mixalive TOKYO」の各ホールは、各パートナー企業以外も利用することが可能。XRライブ設備の充実により、リアル&リモート、さらにはXRライブ演目までコンテンツ面、技術面ともに「Mixalive TOKYO」がサポートする。